⇒洋画見放題の動画配信サービスを選ぶ

映画「ダ・ヴィンチ・コード」無料フル動画の視聴方法!パンドラやDailymotion、9tsuでも観れるのか?

13 views

このページでは、映画「ダ・ヴィンチ・コード」を無料で視聴する方法を紹介します。

結論を言うと、動画配信サービス「U-NEXT」の31日間無料トライアルを利用するのがベストです。

\無料期間中に解約すれば完全無料/

※無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

では、「U-NEXTがベストな理由」や、「そのほかの動画配信サービス観れないのか?」「パンドラやDailymotion、9tsuで観れないのか?」と、「ダ・ヴィンチ・コードの簡単なあらすじや口コミ」も紹介していきます。

「ダ・ヴィンチ・コード」を見るならU-NEXTがオススメな理由

「31日間の無料トライアル期間があるから」でもあるんですが、僕がU-NEXTをオススメしたい理由は下の2つなんです。

  1. 見放題の作品数が19万本で国内No.1だから、観る映画に困らない
  2. 無料トライアル期間でも、有料の新作映画がタダで観れる

では詳しく解説していきます。

見放題の作品数が19万本で国内No.1だから、観る映画に困らない

1つ目はコレですね。U-NEXTの見放題作品の配信数はぶっちりぎだから、「ダ・ヴィンチ・コード」を観終わってもほかに何を観るか困ることがないんです。

ちなみに、見放題作品の数をU-NEXTと他社で比べたグラフがこちらです。
※U-NEXTの配信数を「100」としたときの割合で比べています。↓

配信作品のジャンル別で比較しても、U-NEXTの配信数が優れてることがわかります。

U-NEXTプレスルームから引用

「配信数が多い=ラインナップが充実」だから、ほかの動画配信サービスでありがちな『観たい動画がない』ってことはまずあり得ないんです。

つまり、ほかの動画配信サービスを使う必要がないくらい、U-NEXTだけで十分に楽しめるというわけなんですよ。

無料トライアル期間でも、有料の新作映画がタダで観れる

U-NEXTは、無料トライアル期間でも600ポイントがおまけで付いてくるんです。(1ポイント=1円)

新作映画は1本約500ポイントだから、なんとタダで新作映画1本が見れるんです。他社の動画配信サービスだと、課金しないと新作は観れないからこれだけでもお得ですね。

ちなみに、無料トライアル期間が終わってからは、毎月1,200ポイントが必ず付きます。

つまり、月に2本の新作をタダで観れちゃうんですね。余ったポイントは翌月に持ち越しできるから、月によっては3本観れますよ。
※2020年7月1日の情報です。最新情報は各公式サイトでチェックをお願いします。

⇒ U-NEXTで「ダ・ヴィンチ・コード」を観る(31日間無料トライアル!)

U-NEXTのメリット、デメリット

実はU-NEXTには、まだまだたくさんのメリットがあるんです。

ここではメリット全部とデメリットを紹介していきます。

メリット
  • 見放題の作品数が18万本以上で、どこよりも充実!
  • 新作の配信が早い(DVDレンタル開始と同時期)
  • 毎月付与される1,200ポイントを使えば、課金なしで新作が楽しめる(1ポイント=1円)
  • 無料トライアル期間が31日間!
  • 無料トライアル期間でも600円分のポイントプレゼント!
  • 課金額の40%がポイントで還元(クレジットカード払い)
  • 映画以外にも、マンガ、小説、アニメ、ドラマ、80誌の雑誌も楽しめる
  • 1アカウントで4台まで同時視聴できるから、家族でシェアできる
  • 自宅のWi-Fiで動画のダウンロード機能を使えば、スマホのデータ通信を使わずに出先で楽しめる
  • すぐに解約できるから安心
デメリット
  • 月額が他社よりも高い

U-NEXTのメリット・デメリット」の記事でも熱く語らせてもらっていますが、U-NEXTは月額1,990円で他社よりも少し高くても”コスパはまじで最高”ですよ。

その理由は、さっき言った通り「コンテンツの多さ」と「課金しなくても新作を楽しめるポイント付与」ですね。

ほんとうに、U-NEXTだけでたっぷりと映画もドラマもマンガも楽しめるんですよ。だから、ほかの動画配信サービスを使う必要がなくて、”結果的に安上がり”ってことです。

記事なる方はぜひ、下の記事を見てみてください。

「月額1,990円 ÷ 30日 = 1日66円」だから、ペットボトルのお茶1本よりも安いですからね。U-NEXTのサービス内容でコレって、ほんとコスパ最強すぎですよ(´∀`)

⇒ U-NEXTで「ダ・ヴィンチ・コード」を観る(31日間無料トライアル!)

U-NEXTの口コミ

実際に「U-NEXT」を利用した方の口コミも集めましたので、参考にしてください!

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

観たい映画はほぼそろっています

見放題の作品数はかなり豊富です。なので、観たい映画が見つからなかったことがありません。

ほかの動画配信サービスでは旧作や人気が低い映画ばかりが見放題ですが、U-NEXTでは話題作や人気作も見放題になっています。検索もわかりやすくて、ジャンルや俳優名、そのときの気分でいろいろと探しやすいです。月額料金は高めですが、それに見合うだけの内容ですね!

家族でアカウントを分けられるところも便利です。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

飽きずに使える動画配信サービスです

新しい映画の配信が早いですし、毎月の1,200Pで十分に新作が楽しめます。

最新の映画から懐かしの映画までそろっていて、毎日飽きません。映画だけでなく、ドラマ、アニメ、子供向けコンテンツも多くて家族で楽しめて、昼は子供番組。夜は自分が観たいドラマや映画を観るという感じで使ってます。正直、ほかの動画配信サービスはいらないくらいです。

動画のダウンロード機能もあるので、通信環境がない場所でもスマホの残りギガを気にせずに楽しめます。1,980円で値段は少し高いけど、画質もラインナップも良いので値段相応だと思います。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

退会方法がわかりやすくて安心のサービスです

U-NEXTの限定配信の動画を観たくて登録したのですが、とにかく作品数が多くて観たい動画がたくさんあって十分に楽しめました。

私は、お試しの無料期間で退会しましたが、ほんとうに無料でした!登録も退会も手続きがわかりやすくて良心的なサービスです。特に退会は、見つけづらいサービスもある中で、U-NEXTはシンプルで迷うことがなくって安心できました。

まずはお試しから始めて、自分に合いそうなら続けると良いと思います。

口コミをまとめると、こういう感じですね。

  • 月額は他社より高いけど、配信作品が充実しているからコスパが良い!
  • ラインナップが良いから飽きない!子供から大人まで楽しめる。
  • 作品検索がしやすい
  • 1つの登録でアカウントを分けられるから、家族で共有できる
  • 無料期間中に高いすれば、ほんとうにタダで使える
  • 登録と退会の方法がカンタンで安心できる

かなり評価が高い、動画配信サービスだということがわかりますね。

まずは無料トライアル期間を使って、自分に合っているか試してみるのがオススメですね。

\無料期間中に解約すれば完全無料/

※無料トライアル期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

U-NEXTの登録方法

  1. STEP

    まずは「U-NEXT公式サイト」を開いて、31日間 無料トライアルをクリック

  2. STEP

    氏名、生年月日、メールアドレスなどの必要事項を記入

    ※「ログインID」と「パスワード」は、忘れないようにメモしておきましょう。

  3. STEP

    入力した個人情報に間違いがないかチェックして、クレジットカード情報を入力

    ※クレジットカード情報を入力しても、無料トライアル期間の間に解約すれば、支払いはありません。

    これで、U-NEXTの登録は完了です!

過去にU-NEXTを使ったことがある場合

過去にU-NEXTを使ったことがある方は、残念ながら無料トライアル期間を使って「ダ・ヴィンチ・コード」を観ることはできません。

そこで、有名な動画配信サービスをリサーチして、「ダ・ヴィンチ・コード」が見れるかどうかを一覧表にしました。

無料トライアル期間がある動画配信サービスを選んで、「ダ・ヴィンチ・コード」を楽しみましょう。

公式サイト↓配信状況無料トライアル期間見放題作品数おまけポイント特徴
U-NEXT31日間約18万本600Pほとんどの動画が見放題
(ポイントを使わない)
TSUTAYA TV30日間約8万本1100P・高画質の視聴はポイントが必要な作品もある
・作品によってはDVDの宅配レンタルになる
Netflix×なし約7万本0P
Hulu×14日間約5万本0P
FOD×30日間約4万本100P
dTV31日間約3万本0P・ポイントが必要な動画が多い
・新作の視聴は課金が必須
TELASA
※200ポイント消費
30日間約3万本540Pほとんどの動画がポイント必要で、
すぐにポイントがなくなる
music.jp
※330ポイント消費
30日間非公開1600Pほとんどの動画がポイント必要で、
すぐにポイントがなくなる
Paravi×14日間約3万本0P

※本ページの情報は2020年7月15日時点のものです。最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください。

ということで、今のところ下の5つで「ダ・ヴィンチ・コード」を観ることができます。

ただし、見放題なのは「U-NEXT」、「TSUTAYA TV」「dTV」です。

「TELASA」は、200ポイントを消費して36時間レンタルの動画配信になっていて、「music.jp」は330ポイント消費で24時間のレンタルになっています。

U-NEXTの次にオススメなのは「TSUTAYA TV

なぜなら、見放題の動画配信数がU-NEXTの次に多いからですね。

さっきも言ったように「配信数が多い=ラインナップの充実」だから、「ダ・ヴィンチ・コード」を観終わった後に、何を観るか困ることが少なくなるわけです。

無料トライアル期間も30日間あるし、1,100円分のポイントが付いてくるから、たっぷり使い倒せますよ。

一部の作品は、DVDかブルーレイの宅配レンタルになりますが、トライアル期間中なら旧作が借り放題です。

『スマホやパソコンじゃなくて、テレビの大画面で観たい』って方にもオススメのサービスですね。もちろん、無料トライアル期間中に解約すれば、完全にタダですよ(^^)
※無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

\30日間無料/

「TSUTAYA TV」も使ったことがあるって方は、music.jpを選びましょう。

パンドラやDailymotion、9tsuで「ダ・ヴィンチ・コード」を観れるか?

パンドラやDailymotionで「ダ・ヴィンチ・コード」が観れるのか、チェックしてみました。

パンドラでは、”ダ・ヴィンチ・コード”で検索したところ、何もヒットしませんでした。

Dailymotionでは、「ダ・ヴィンチ・コード」とは無関係の動画がヒットしました。

9tsuでも、何もヒットしませんでした。

今のところ、「ダ・ヴィンチ・コード」についてはパンドラやDailymotion、9tsuでは観れませんね。

ですが、ほかの映画を観るために、こうした海外の動画投稿サイトを利用することはオススメしません。

その理由は、下の4つですね。

  1. 低画質だったり、音ズレがあって快適な視聴は出来ない
  2. 表示されるだけでウイルスに感染する「フィッシング広告」がある可能性が高い
  3. クレジットカードの情報や、個人情報を抜き取られることがある
  4. ワンクリック詐欺などの詐欺行為にかかる可能性がある

これらのトラブルは、海外の動画投稿サイトを使って実際に起こった事例です。

ですので、これまでに紹介した「U-NEXT」や「TSUTAYA TV」などの、正式な動画配信サービスで安全・安心な視聴をしましょう。

\31日間無料!/

\U-NEXTを使ったことがある方はこちらがオススメ/

「ダ・ヴィンチ・コード」のあらすじ

アメリカの長編推理小説の映像化作品です。

主人公はハーバード大学、宗教象徴学のロバート・ラングドン教授で、ラングドン教授がとある事件に巻き込まれるところからストーリーが始まります。
講演のためフランスに訪問していたラングドン教授のもとに、フランス司法警察中央局の刑事がやってきました。

警察は宗教象徴学者としての意見を聞きたいといい、警察と共にルーブル美術館に行くことになります。
実はラングドン教授はルーブル美術館の館長と会う約束をしていました。
そこでラングドン教授が見たのは館長の死体と、死体と共に描かれていた「レオナルド・ダ・ヴィンチのウィトルウィウス的人体図」でした。

ラングドン教授にはどういうことなのかわからないと説明するも、警察は何かを疑っている様子です。
そこにフランス警察の暗号解読官ソフィー・ヌヴーがやってきました。
ラングドン教授はソフィー・ヌヴーにこのままでは犯人にされると言われ、今回の事件の謎解きを一緒にしてもらえないかと依頼されます。

ソフィー・ヌヴーは何者かに殺されたルーブル美術館の館長の孫でした。
2人は協力して謎を解いていくことになります。美術館に残された暗号を解読していくと、絵画の裏から鍵のようなものが見つかりました。

ソフィー・ヌヴーはラングドン教授を助けるために大使館に向かいますが、大使館にはすでにフランス司法警察中央局が手配されており、2人は行き場を失ってしまいます。

2人は仕方なく人目の少ない公園に向かい、美術館で見つけた鍵について考え始めました。

鍵の正体に気付いた二人は、チューリッヒ保管銀行に行きます。鍵はチューリッヒ保管銀行の貸金庫でした。

無事に貸金庫を開くことができた2人でしたが、すぐにフランス司法警察中央局がやってきます。

チューリッヒ保管銀行の夜間支配人が咄嗟に2人をかくまって、銀行の車で逃がしてくれました。

2人は貸金庫から出したものを開けます。それはバラのマークが刻まれた木箱でした。さらにその木箱を開けと、ローマ字が並んだ道具が入っています。

それはクリプテックスという暗合によって開くことのできるものでした。クリプテックス自体も、秘密を入れた鍵のようなものです。

開け方を間違えると、クリプテックスの中に入っている紙が溶けて、秘密が永遠に分からなくなるという代物です。

2人はこの秘密を解いて、館長が守ろうとしたことに辿り着けるのか?隠された秘密とは何なのか?果たして今回の事件の黒幕は誰なのか?

ストーリーはこの後からどんどん展開していきます。

「ダ・ヴィンチ・コード」の口コミ

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

予想外の結末に驚いた

映画を見るのが趣味ですが、邦画の方を好んでいました。そこで、旦那に誘われて映画を見に行きました。洋画の映画はあまり見たことがなく、どんな内容だろう、とドキドキしながら見ていました。そこで、一度は耳にしたことがあるハリウッド俳優さんや女優さんが多数出演していたのですぐ作品に惹かれました。しかし、話が進んでいくうちに面白い、と思っていたのが払拭された感じに陥り、ちょっと怖いな、と。ですが、気が付くと最後まで夢中になっていました。ラストを予想していたのですが、意外な結末には暫く驚いていましたね。それでもなかなかいい作品だったし、誘ってくれた旦那には感謝しています。ダ・ヴィンチ・コードの視聴が切っ掛けで他の洋画作品に興味を持てるようになりました。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

ドキドキハラハラさせられる、難解な宝探しゲーム
(細かいところは分からなくてもOK!)

本の発売当時から、カトリック教会を巻き込んで旋風を巻き起こした問題作です。日本でも有名なレオナルド・ダ・ヴィンチの名画に、実は現在のキリスト教会全体がひっくり返るような秘密が隠されているということを聞けば、それだけでも結末を知りたくなるのではないでしょうか。
とは言え、謎解きの部分は一言で言って難解です。キリスト教(特にカトリック教会)に詳しくない日本人としては、正直「へー!そうなの!?」という程度なのですが、その間に織り込まれているテンポの良いカメラワークやアクション、ちょっとした恋愛要素などは、さすがハリウッド映画というところで、見ていて飽きません。言ったら怒られそうですが、インディージョーンズの宝探しを見ているようです。
繰り返し何度も楽しめる作品だと思います。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

めちゃめちゃ難しい

はっきりいって理解するのに何度か見なければいけないほど難解なストーリーです。原作の小説ですらいちいち確認しながらページを戻り、めくり直し、を繰り返して漸く理解できる内容を映像化し、2時間弱の尺に収めたという謂わば脚本と監督の練に練った複雑な作品です。そもそもテーマが歴史関連、しかも中世のヨーロッパの宗教歴史まで入ってくるのでその内容は複雑きわまりないのですが、そこがまたうまくわかるようでわからないようで、アクションが入りスリリングなストーリー展開になっています。見ているこちら側の人間が先に謎を解くことはほとんどないけども、ストーリーが流れるに従って内容に追いつくとそのミステリアスさと巧妙に仕掛けられた伏線の回収がたまらなく素晴らしく感じる作品となっています。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

1度では分からない面白味

内容としてはかなり数学が多数をしめている部分があり、ちょっと難しい部分もありました。それでも何度か見ていくと結構分かりやすく描かれている部分もあり、面白いです。
アクションシーンと推理シーンが交互にあるので、そこもかなり楽しめます。
主人公がトム・ハンクスとオドレイ・トトゥというところがまた良かったです。オドレイはこの映画を見るまでずっとアメリのイメージだったので、こんなに美しい人だったのかと気付かされた良い作品でした。
他にもパリの美しい映像が沢山見られて、小旅行気分になれる良い映画でした。
トム・ハンクス演じる主人公の優しい感じと、そのハードな演技がまた相まっているのがまた面白かったです。カーチェイスのシーンなどはかなりドキドキさせられました。面白かったです。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

意外な結末の「ダ・ヴィンチ・コード」

この映画はスケールが大きく、見ごたえがある作品です。アメリカの人気男優トム・ハンクスがハーバード大学教授を演じ、難しい役どころを好演しているので、ますます彼のファンになりました。ルーブル美術館で殺人が起こったことから、映画は進展していきフランスのパリを舞台にしてストーリーは進んでいきますが、撮影に使われた教会や街並みを見ていても「ヨーロッパの建物や景色は素敵だな」と感じさせられる場面が少なくなかったです。普段、特に宗教について考えることはない私ですが、この映画を見て改めてキリスト教のイエスやマリアの重要性について考えさせられました。宗教観については世界中でいろいろ話題をよんだ作品で、天才ダビンチの彼のコードとは何なのかを解き明かしてくれる面白い映画です。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

美術ミステリーの決定版!

フランス・ルーブル美術館内で起こった殺人から、キリスト教のタブーに迫る壮大な背景の謎を解くストーリー展開が秀逸。そのカギとなるのがダ・ヴィンチの作品で、誰もが知るあの名画にはそんな背景があったのか!と思わせてくれる。
もちろんこれはあくまでフィクションだが、この映画を見たあとでは、「この名画にも何かしらミステリアスな事情が隠されているかもしれない」といった好奇心で鑑賞できるようになった気がする。この映画によって、新たな名画の楽しみ方を見つけられたといっても過言ではない。
歴史好きにとっては、マグダラのマリアやテンプル騎士団、シオン修道会などの隠された役割が明るみになり興味深い。
歴史好きでなくても、ルーブル美術館内の荘厳さを目の当たりにできるので、映像美だけでも楽しめる。
またトム・ハンクス演じる大学教授と、彼と行動を共にする美しきヒロインとの関係も最後まで気になる展開でラブロマンスの要素も盛り込まれている。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

ルーブル美術館をテーマとした難解なミステリー

2006年に公開されたアメリカの映画です。トムハンクスが主演を務めたことで話題になりました。舞台はルーブル美術館です。ルーブル美術館で殺害された館長の周りには不思議な暗号が残されています。容疑者として現場に連れてこられたのはラングドンでした。ラングドンは館長の孫娘で暗号解読者のソフィーに救出されます。ファーシュ警部をはじめとするフランス司法警察に追跡されながら、暗愚の謎を解き始ます。そこには、歴史を覆す驚愕の事実が隠されているというストーリーです。この映画はテーマが大きくて見応えがありました。謎が解けるたびに痛快な気持ちを味わうことができました。トムハンクスの渋い演技はハーバード大学教授という役柄にぴったりだったと思います。難解なストーリーでしたが、理解できると満足感を得られる映画でした。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

キリスト教の奥深い世界観

巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」に描かれた聖杯を巡る争いの話です。
キリスト教では、聖杯が見つかるとキリスト教自体が崩壊すると信じられているため、必死で守っているのです。
しかし、ルーブル美術館館長ソニエールが殺されたことをきっかけに、宗教象徴学者のラングドン博士(トムハンクス)とフランス警察暗号読解官のソフィー(オドレイトトゥ)が協力して事件を解決します。
聖杯とはマグダラのマリアの子宮を意味する事を突き止めました。つまり、イエスとマリアの末裔がいると分かり、イエスは神の子であるという教理と反する事が分かったのです。日本人には馴染みのないキリスト教ですがヨーロッパでは有名絵画のほとんどがキリスト教をテーマにしています。さらにヨーロッパの人々の考え方もキリスト教をベースにしています。キリスト教を深く考えるキッカケになる映画で事実に基づいていると最初に書かれるし今日でも物議を醸し続けています。
とても奥が深い映画でした。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

斬新な捉え方

歴史が興味ある私にとっては非常に斬新な捉え方の面白い映画でした。現代のように科学を発達していない時代にレオナルドダビンチが海外にこれほどの意味を込めて未来へ引き継いでいたのかと思うとある意味強さがある位です。
もちろん、これがどこまで事実かは難しいところですがある程度の裏付けがあった上での映画だと思います。
なんといってもイエスキリストの存在にまで切り込んだ鋭い切り口、映像化するにあたっては様々な軋轢もあったのではないかと思いますが映画を見る方にとっては本当に興味深いものでした。映画を視聴している間、虚構と現実が入り混じり、わからなくなるほどのリアルさに感嘆するほどです。映画を視聴している間、虚構と現実が入り混じりわからなくなるほどのリアルさに感嘆するほどです。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

高尚なミステリー

レオナルド・ダヴィンチは余りにも有名で『最後の晩餐』の絵も有名です。『モナリザ』を観ていたらお腹の中の赤ちゃんが動いたとレオナルドと名付けられたレオナルド・ディカプリオ。ダヴィンチは聡明すぎて画家だけでは無く音楽、数学、幾何学、解剖学等と才能に溢れていて宗教画『最後の晩餐』では、13人の弟子の中に女性を描き、その人とイエスは結婚していたのではと謎を残した。『ダヴィンチ・コード』はとても難しい映画で美術館で起きた殺人を解決するには、絵の中に残したいダヴィンチの謎を解かなければ犯人は分からないと宗教象徴学のラングストン教授が警察から依頼を受けるところから物語が始まる。ラングストン教授にはトム・ハンクス、相棒になる暗号解読官ヌブーには『アメリ』のオドレイ・トトウが演じました。高尚すぎるミステリー、これは観てみないと説明がつきません。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

難解だった。

トム・ハンクスファンでなかったら最後まで観られたかどうか疑問になるくらい難解です。最初は私が頭悪いからなのかなぁ?と思っていました。しかし、周りに聞いてみたらほとんどが難しすぎて分からなかったと言われて安心した記憶があります。唯一、多少は分かったと言った人は読書好きの友達でした。原作を読んでいたからです。映画観賞後、原作を貸して貰って読んだのですが、なかなかこちらも難解でした。ただ本は繰り返し読めますし、遡って読めます。ラストシーンのルーブル美術館の意味はなんとなく理解でしました。映画ではさっぱりわからずポカーンとしてしまいましたから。やはり、日本人には世界観も宗教感も違い過ぎます。ある程度、予習しておいた方がいいです。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

なかなか面白い推理

予告だとモナリザの秘密みたいにしていましたが、そこはあまりなくて、最後の晩餐のほうが暗号みたいになってました。たしかにこじつけっちゃあ、こじつけなんだけどそのように読み取れないこともなくなかなか面白い推理だなと思いました。映画は謎解きだけじゃなくてアクションもあってすごかったです。敵の刺客がマゾ野郎(そういう宗派)でなんともセクシーというか、妙な魅力がありました。彼もかわいそうな男です。あと、イアン・マッケンランがいい味を出していて、さすが名優だなと思います。なんだか、長ったるい所もありますが、宗教がらみのサスペンスものとしてよくできていて、このシリーズをまた見たいなと思わせてくれる映画でした。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

ワクワクできる暗号解読ミステリー

「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズの一作目にあたる作品なので、最初の掴みがいいですね。誰もが知っている有名な絵画や舞台が次々と登場するというのは、視覚的にも豪華ですし、ワクワクさせられるものがあります。
正直、ごく一般的な日本人である自分にはキリスト教の細かな内容については多少知ってはいるものの、キリスト教圏の人間ほどに詳しいわけでは当然ないので、内容を細部まで全てしっかりと理解できているかと問われると怪しいところはあるだろうと感じるのですが、それでも演技によって引っ張っていってくれる部分は多く、十分楽しく見られました。
古くからの歴史のある欧州の人々が解き明かせなかった真実に、アメリカ人の教授が辿り着くという図式はちょっと笑いを誘う部分はありましたが、主役は銃撃でもそうそう被弾しない的なお約束があることを考えると、娯楽作品としてはそういうのもありなのだと思います。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

パリ好きならこれを見て旅行気分を味わってほしい

タイトルからおわかりのように、レオナルド・ダ・ヴィンチが好きな人なら当然観るべきですが、ヨーロッパ旅行、特にパリを検討中であれば事前の予習に是非見ることをおすすめします。だいたい、こんなに長くルーヴル美術館が見られる映画はほかにないです。というより、殺人事件の舞台としてルーヴル美術館が登場するなんて、そしてルーヴル美術館もこのロケを許可するなんて、なんて度量が広いんだろうとまずそこに感動です。ほかにもパリからパリ郊外、さらにはロンドンまでと、ヨーロッパの都市の映像を見ているだけでも十分旅心が満足させられます。
また西洋史がお好きな方なら前編通してワクワクし通しです。「聖杯」、「シオン修道会」、キリスト教における薔薇が象徴するシンボル…。思いがけなく事件を探らざるをえなくなるラングドン博士が象徴学の教授という設定で、次々と投げかけられる謎を解いていきますが、見ているこちらもぐいぐいと引き込まれていきます。
私自身、ダン・ブラウンによる原作を読んでから映画を見たのですが、原作のスピード感と緊張感が映画ではさらに倍増で、しかもリアルなロケの映像つきで見られるなんて本当に大満足でした。ちなみに、映画を見たあとではラングドン博士はトム・ハンクス以外には考えられません。それぐらいのはまり役です。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

トムハンクスの演技力が光る推理映画

物語は、映画のタイトルにも入っている通りレオナルドダヴィンチの絵画をテーマにしている作品になっています。
この映画が放映されたとき、神聖なレオナルドダヴィンチの絵画、そしてイエスキリストについての侮辱が問題になったのですが、あくまでもフィクションであり、作者の妄想が入っているので、そこまで真剣にならなくても良いと思います。
注目してほしいのがトムハンクスさんの演技であり、すこし地味な役どころですが、シリアスな演技がうまくついつい見入ってしまいます。
ダヴィンチの絵画にはロマンがあり、フィクションでありながらも、本当はそうなのではないかと思わせてしまうほどのストーリー性がありました。
ハラハラドキドキするスリルたっぷりの作品です。

まとめ

「ダ・ヴィンチ・コード」を無料で視聴する方法をまとめると、こうなります。

  • 一番おすすめなのが「U-NEXT」
  • 「U-NEXT」を利用したことがある方は、「TSUTAYA TV」がオススメ
  • 「TSUTAYA TV」も使ったことがある方は、dTV」「TELASA」「music.jp」から「見放題動画の多いサービスで選ぶ」

ぜひ無料のトライアル期間を使って、映画を楽しんでくださいね!

\31日間無料!/

\U-NEXTを使ったことがある方はこちらがオススメ/

※本ページの情報は2020年7月15日時点のものです。最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です