⇒洋画見放題の動画配信サービスを選ぶ

映画「チョコレートドーナツ」無料フル動画の視聴方法!パンドラやDailymotion、9tsuでも観れるのか?

55 views

このページでは、映画「チョコレートドーナツ」を無料で視聴する方法を紹介します。

結論を言うと、動画配信サービス「U-NEXT」の31日間無料トライアルを利用するのがベストです。

\無料期間中に解約すれば完全無料/

※無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

では、「U-NEXTがベストな理由」や、「そのほかの動画配信サービス観れないのか?」「パンドラやDailymotion、9tsuで観れないのか?」と、「チョコレートドーナツの簡単なあらすじや口コミ」も紹介していきます。

「チョコレートドーナツ」を見るならU-NEXTがオススメな理由

「31日間の無料トライアル期間があるから」でもあるんですが、僕がU-NEXTをオススメしたい理由は下の2つなんです。

  1. 見放題の作品数が19万本で国内No.1だから、観る映画に困らない
  2. 無料トライアル期間でも、有料の新作映画がタダで観れる

では詳しく解説していきます。

見放題の作品数が19万本で国内No.1だから、観る映画に困らない

1つ目はコレですね。U-NEXTの見放題作品の配信数はぶっちりぎだから、「チョコレートドーナツ」を観終わってもほかに何を観るか困ることがないんです。

ちなみに、見放題作品の数をU-NEXTと他社で比べたグラフがこちらです。
※U-NEXTの配信数を「100」としたときの割合で比べています。↓

配信作品のジャンル別で比較しても、U-NEXTの配信数が優れてることがわかります。

U-NEXTプレスルームから引用

「配信数が多い=ラインナップが充実」だから、ほかの動画配信サービスでありがちな『観たい動画がない』ってことはまずあり得ないんです。

つまり、ほかの動画配信サービスを使う必要がないくらい、U-NEXTだけで十分に楽しめるというわけなんですよ。

無料トライアル期間でも、有料の新作映画がタダで観れる

U-NEXTは、無料トライアル期間でも600ポイントがおまけで付いてくるんです。(1ポイント=1円)

新作映画は1本約500ポイントだから、なんとタダで新作映画1本が見れるんです。他社の動画配信サービスだと、課金しないと新作は観れないからこれだけでもお得ですね。

ちなみに、無料トライアル期間が終わってからは、毎月1,200ポイントが必ず付きます。

つまり、月に2本の新作をタダで観れちゃうんですね。余ったポイントは翌月に持ち越しできるから、月によっては3本観れますよ。
※2020年7月1日の情報です。最新情報は各公式サイトでチェックをお願いします。

⇒ U-NEXTで「チョコレートドーナツ」を観る(31日間無料トライアル!)

U-NEXTのメリット、デメリット

実はU-NEXTには、まだまだたくさんのメリットがあるんです。

ここではメリット全部とデメリットを紹介していきます。

メリット
  • 見放題の作品数が18万本以上で、どこよりも充実!
  • 新作の配信が早い(DVDレンタル開始と同時期)
  • 毎月付与される1,200ポイントを使えば、課金なしで新作が楽しめる(1ポイント=1円)
  • 無料トライアル期間が31日間!
  • 無料トライアル期間でも600円分のポイントプレゼント!
  • 課金額の40%がポイントで還元(クレジットカード払い)
  • 映画以外にも、マンガ、小説、アニメ、ドラマ、80誌の雑誌も楽しめる
  • 1アカウントで4台まで同時視聴できるから、家族でシェアできる
  • 自宅のWi-Fiで動画のダウンロード機能を使えば、スマホのデータ通信を使わずに出先で楽しめる
  • すぐに解約できるから安心
デメリット
  • 月額が他社よりも高い

U-NEXTのメリット・デメリット」の記事でも熱く語らせてもらっていますが、U-NEXTは月額1,990円で他社よりも少し高くても”コスパはまじで最高”ですよ。

その理由は、さっき言った通り「コンテンツの多さ」と「課金しなくても新作を楽しめるポイント付与」ですね。

ほんとうに、U-NEXTだけでたっぷりと映画もドラマもマンガも楽しめるんですよ。だから、ほかの動画配信サービスを使う必要がなくて、”結果的に安上がり”ってことです。

記事なる方はぜひ、下の記事を見てみてください。

「月額1,990円 ÷ 30日 = 1日66円」だから、ペットボトルのお茶1本よりも安いですからね。U-NEXTのサービス内容でコレって、ほんとコスパ最強すぎですよ(´∀`)

⇒ U-NEXTで「チョコレートドーナツ」を観る(31日間無料トライアル!)

U-NEXTの口コミ

実際に「U-NEXT」を利用した方の口コミも集めましたので、参考にしてください!

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

観たい映画はほぼそろっています

見放題の作品数はかなり豊富です。なので、観たい映画が見つからなかったことがありません。

ほかの動画配信サービスでは旧作や人気が低い映画ばかりが見放題ですが、U-NEXTでは話題作や人気作も見放題になっています。検索もわかりやすくて、ジャンルや俳優名、そのときの気分でいろいろと探しやすいです。月額料金は高めですが、それに見合うだけの内容ですね!

家族でアカウントを分けられるところも便利です。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

飽きずに使える動画配信サービスです

新しい映画の配信が早いですし、毎月の1,200Pで十分に新作が楽しめます。

最新の映画から懐かしの映画までそろっていて、毎日飽きません。映画だけでなく、ドラマ、アニメ、子供向けコンテンツも多くて家族で楽しめて、昼は子供番組。夜は自分が観たいドラマや映画を観るという感じで使ってます。正直、ほかの動画配信サービスはいらないくらいです。

動画のダウンロード機能もあるので、通信環境がない場所でもスマホの残りギガを気にせずに楽しめます。1,980円で値段は少し高いけど、画質もラインナップも良いので値段相応だと思います。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

退会方法がわかりやすくて安心のサービスです

U-NEXTの限定配信の動画を観たくて登録したのですが、とにかく作品数が多くて観たい動画がたくさんあって十分に楽しめました。

私は、お試しの無料期間で退会しましたが、ほんとうに無料でした!登録も退会も手続きがわかりやすくて良心的なサービスです。特に退会は、見つけづらいサービスもある中で、U-NEXTはシンプルで迷うことがなくって安心できました。

まずはお試しから始めて、自分に合いそうなら続けると良いと思います。

口コミをまとめると、こういう感じですね。

  • 月額は他社より高いけど、配信作品が充実しているからコスパが良い!
  • ラインナップが良いから飽きない!子供から大人まで楽しめる。
  • 作品検索がしやすい
  • 1つの登録でアカウントを分けられるから、家族で共有できる
  • 無料期間中に高いすれば、ほんとうにタダで使える
  • 登録と退会の方法がカンタンで安心できる

かなり評価が高い、動画配信サービスだということがわかりますね。

まずは無料トライアル期間を使って、自分に合っているか試してみるのがオススメですね。

\無料期間中に解約すれば完全無料/

※無料トライアル期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

U-NEXTの登録方法

  1. STEP

    まずは「U-NEXT公式サイト」を開いて、31日間 無料トライアルをクリック

  2. STEP

    氏名、生年月日、メールアドレスなどの必要事項を記入

    ※「ログインID」と「パスワード」は、忘れないようにメモしておきましょう。

  3. STEP

    入力した個人情報に間違いがないかチェックして、クレジットカード情報を入力

    ※クレジットカード情報を入力しても、無料トライアル期間の間に解約すれば、支払いはありません。

    これで、U-NEXTの登録は完了です!

過去にU-NEXTを使ったことがある場合

過去にU-NEXTを使ったことがある方は、残念ながら無料トライアル期間を使って「チョコレートドーナツ」を観ることはできません。

そこで、有名な動画配信サービスをリサーチして、「チョコレートドーナツ」が見れるかどうかを一覧表にしました。

無料トライアル期間がある動画配信サービスを選んで、「チョコレートドーナツ」を楽しみましょう。

公式サイト↓配信状況無料トライアル期間見放題作品数おまけポイント特徴
U-NEXT31日間約18万本600Pほとんどの動画が見放題
(ポイントを使わない)
TSUTAYA TV/DISCAS
※400ポイント消費
30日間約8万本1100P・高画質の視聴はポイントが必要な作品もある
・作品によってはDVDの宅配レンタルになる
Netflix×なし約7万本0P
Hulu×14日間約5万本0P
FOD×30日間約4万本100P
dTV×31日間約3万本0P・ポイントが必要な動画が多い
・新作の視聴は課金が必須
TELASA×30日間約3万本540Pほとんどの動画がポイント必要で、
すぐにポイントがなくなる
music.jp
※440ポイント消費
30日間非公開1600Pほとんどの動画がポイント必要で、
すぐにポイントがなくなる
Paravi×14日間約3万本0P

※本ページの情報は2020年7月15日時点のものです。最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください。

ということで、今のところ下の3つで「チョコレートドーナツ」を観ることができます。

ただし、見放題なのは「U-NEXT」だけです。

「TSUTAYA TV」は、ポイントを消費して48時間レンタルの動画配信になっていて、「music.jp」はポイント消費で36時間のレンタルになっています。

U-NEXTの次にオススメなのは「TSUTAYA TV

なぜなら、見放題の動画配信数がU-NEXTの次に多いからですね。

さっきも言ったように「配信数が多い=ラインナップの充実」だから、「チョコレートドーナツ」を観終わった後に、何を観るか困ることが少なくなるわけです。

無料トライアル期間も30日間あるし、1,100円分のポイントが付いてくるから、たっぷり使い倒せますよ。

一部の作品は、DVDかブルーレイの宅配レンタルになりますが、トライアル期間中なら旧作が借り放題です。

『スマホやパソコンじゃなくて、テレビの大画面で観たい』って方にもオススメのサービスですね。もちろん、無料トライアル期間中に解約すれば、完全にタダですよ(^^)
※無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

\30日間無料/

「TSUTAYA TV」も使ったことがあるって方は、music.jpを選びましょう。

パンドラやDailymotion、9tsuで「チョコレートドーナツ」を観れるか?

パンドラやDailymotionで「チョコレートドーナツ」が観れるのか、チェックしてみました。

パンドラでは、”チョコレートドーナツ”で検索したところ、何もヒットしませんでした。

Dailymotionでは、「チョコレートドーナツ」とは無関係の動画がヒットしました。

9tsuでも、何もヒットしませんでした。

今のところ、「チョコレートドーナツ」についてはパンドラやDailymotion、9tsuでは観れませんね。

ですが、ほかの映画を観るために、こうした海外の動画投稿サイトを利用することはオススメしません。

その理由は、下の4つですね。

  1. 低画質だったり、音ズレがあって快適な視聴は出来ない
  2. 表示されるだけでウイルスに感染する「フィッシング広告」がある可能性が高い
  3. クレジットカードの情報や、個人情報を抜き取られることがある
  4. ワンクリック詐欺などの詐欺行為にかかる可能性がある

これらのトラブルは、海外の動画投稿サイトを使って実際に起こった事例です。

ですので、これまでに紹介した「U-NEXT」や「TSUTAYA TV」などの、正式な動画配信サービスで安全・安心な視聴をしましょう。

\31日間無料!/

\U-NEXTを使ったことがある方はこちらがオススメ/

「チョコレートドーナツ」のあらすじ

1979年、アメリカのカリフォルニア州のゲイバーで働くルディ。そこへお客としてやってきた弁護士のポールはお互いに一目ぼれします。

ポールは、普段は自分がゲイであることを隠して生きていました。そのせいもあってがゲイであることを隠さずたくましく生きているルディに惚れてしまったのです。

2人は出会ったその晩に体の関係を重ねてしまいます。

翌日、ルディは自宅のアパートに戻ります。すると、隣の部屋の女が麻薬所持で逮捕されていたのです。その女の部屋にはマルコという少年が1人取り残されていました。

マルコはダウン症をもち、学校にも通わせてもらえない育児放棄を受けていたのです。

ルディはそんなマルコが心配になり、引き取ることにしたのです。

そこで、弁護士のポールに相談し、ポールの家に同居していることにして母親が服役中のマルコの監護権を法的に得る方法に出たのです。

その甲斐あって、ルディはマルコの監護権を認められて、3人は一緒に生活するようになりました。

3人は血はつながっていませんが、愛情という絆でつながっていたのです。

ところが、ある日、マルコの監護権を失って3人は離れ離れになってしまいます。とあることがきっかけでポールがゲイだということが職場にバレてしまったのです。そして、ポールの上司はゲイに対する偏見でポールをクビにしたのでした。

それでも2人は、マルコを取り戻すことを諦めませんでした。

色々な弁護士を頼って、やっと依頼を受けてくれる優秀な弁護士を見つけたのです。

ルディとポール、マルコは元の3人の生活に戻れるのでしょうか?

「チョコレートドーナツ」の口コミ

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

異なるマイノリティの交差

ダウン症の少年マルコがゲイカップルに自分の部屋を用意してもらった際、嬉しくて思わず泣いてしまったシーンが特に印象的でした。実母には邪魔だからとよく部屋の外に立たされていたマルコにとって、自室をプレゼントされたことは「自分の居場所」を保障されたと実感できる出来事だったと思います。
この映画には同性愛者と障がいという2つのマイノリティ要素が含まれています。障がい児にとって、薬物中毒かつ異性愛者の母親、安定した収入が見込まれる同性愛者のカップル、そのどちらが保護者として適切か?また、映画の舞台は1979年カリフォルニアですが、現代だったら結末はどうなっていたか?など21世紀の今だからこそ考えさせられる映画です。

非常にメッセージ性のある内容の映画ではありますが、特にゲイであるルディにはユーモアがあり、面白い言動が多いです。甘いものが好きだったり、寝る前に物語を聞きたがったりするマルコの無邪気な笑顔や行動にも心が動かされました。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

感動と悲しみで途中何度も叫びだしそうになる名画

心乱される悲しいお話ですが、なぜか見終わると体の中からエネルギーが湧き出す映画です。
人の心の美しさと醜さ、正義と愛が不条理な無関心に踏みつぶされる現実。
それでも見る人に絶望感だけを残さないのは、作り手のパワーが伝わるからでしょうか。

主人公のゲイのカップルは、社会のマイノリティとして生きる苦しさ、自分達の葛藤も隠すことなく強くもあり弱くもあり、
彼らのひたむきな姿に多くの人が自分自身を投影するのではないでしょうか。
そしてそんな彼らの目の前に、大人からのケアと愛を必要とするダウン症の少年があれわれ、その少年が必要とする全てを彼らが満たそうとするのに、
誰もそれを認めない。
なぜ? こんなに求め合っているのに! それ、おかしいじゃないの! 何度も叫んでしまいました。
彼らも叫びます。でもその声は届かないのです。 『アイ・アム・サム』ではと届いたのに。
そう、この『チョコレートドーナツ』では、登場人物の誰もが実はよい人ではなく、ただただ現実が
淡々と突きつけられていくのです。愛の反対は憎悪ではなく無関心とよく言われますが、その無関心の怖ろしさが
目の前の現実として描かれていきます。

そんなものを見せられて何が感動を呼ぶのか? 
そう、この映画にはどんな現実にでも自分の愛と信念を貫くことの価値が、
この美しい魂をもった二人と通して見る人の心に伝わるのです。

結末や、現実の世の中には考えさせられるばかりですが、どうかこの美しいお話を体験してみてください。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

衝撃のラストに泣けました。

70年代、舞台はアメリカ。同性愛者の男性2人が保護したのはダウン症の少年。両親には放ったらかしにされ、いつも1人でいた少年は2人との生活を楽しんでいました。ある日、少年の母親が連れ戻しに来るのですが、、そこから物語は急展開を迎えます。本作は見ていてとても考えさせられました。同性愛者だから、親権がないから、ダウン症だから、など様々な困難を乗り越えた先に衝撃のラストが待っていました。時代や法律のせいで、どうしようもない事実に反するように、次第に増していくお互いの想いに、見ている側もとてももどかしかったです。誰かを愛するのに性別や年齢なんて関係ない、という真っ直ぐなメッセージを感じました。皆さんだったらどうするか、考えながらぜひ見ていただきたいです。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

悲しい話だった。

ただ一緒に暮らしたかっただけなのに、それが許されないなんてとても胸が痛みました。でも、そりゃあ、簡単に子どもを肉親でもない人に渡すわけにはいかないと思います。だけど、わざわざ捕まっている母親まで連れてきて、一体何でそこまでして、邪魔したのか、わけがわかりません。あいつらを幸せにしてやるものかってのがあった気がします。子どもの養育の問題はすごく複雑で、愛しているからってだけで、渡せるものでもないと思います。だけど、それなら、子どもが親元できちんと暮らしてるか、確認しろよと腹ただしく思います。最後に裁判関係者に送られた手紙はすごく切なく悲しいものでした。すごく悲しい話ですが、何度と見たくなる作品です。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

考えさせられるストーリー

最近いろいろと話題になったり、偏見なく受け入れられてきているLGBTの内容や、今でも問題としてある育児放棄された子供のストーリーですが、見ていてとても考えさせられる内容でした。
一生懸命、みんなと同じように自分の人生を生きようとするヒューマンドラマ性と、社会的問題がうまく表現されていて、切なくも悲しくもなるような深い映画です。
人は平等に生きられるべきだし、マイノリティーと呼ばれる人だとしても、不当に扱ってはいけないし、彼らなりにもとても悩んで苦しんで生きているし、人としての愛情はマイノリティーではない方と何も変わらないんだということを、映画の内容からひしひしと感じられました。
大きな意味で愛について考えるとてもいい映画でした。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

一度幸せになれるからこそ、辛い。

作品としては、すごくいい作品です。ですが、もう一度見るのに、とても覚悟がいる作品でもあります。
ゲイカップルが母親から見捨てられたダウン症の男の子(マルコ)を育てようとする物語です。
ですが、アメリカでも同性愛への偏見が強かった時代を舞台にしているので『めでたしめでたし』では終わりません。
もし、今のように同性婚が認められた社会で同じことが起きたら、こんな結果にはならなかったでしょう。
マルコが、二人の元で本当に幸せに過ごしていたからこそ、そこからの絶望が強いです。
チョコレートドーナッツを食べるとき、しばらくこの作品を思い出して涙ぐむくらいに辛かったです。
内容はとても素晴らしい、美しい映画でした。でも、1週間以内に自分の心を立て直せるような予定があるときに見ることをお勧めします。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

悲しみの中にも、本当の愛が胸に迫る作品

マルコの最後があまりにも悔しく悲しくて涙。
弱者を守るべき立場の人達が、なぜこうも理解しようという気持ちにさえなれないのだろうとやきもきし、怒りも感じました。
マルコの幸せを一刻も早く取り戻してほしいと、願うような気持ちで見ていました。
ポールの度重なる必死の訴えに、心を打たれます。
ポールとルディは、マルコにとって本当の「親」でしたよね。
確かに傍から見れば、3人の姿は良くない形に映るかもしれません。
でも大事なのは3人の気持ちなのに。
マルコはふたりからとても大切に愛されていたのに。
ずっと3人の穏やかで楽しい、笑顔いっぱいの生活が続いてほしかったです。
偏見の非情さ、恐ろしさを改めて突き付けられたような気がしました。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

アメリカの底辺を生きるものの現実

少し昔の作品、性に対する偏見は今もアメリカでは当たり前なのでしょうか。こんな素晴らしい作品を出している以上は何らかの良い変化が起こっていることを強く願います。何しろ悲しすぎるバッドエンディング、ハッピーエンドが好きな私としては受け入れられませんでした。もう一度みたいとは思えません。血の繋がりよりも大切なものはあります。その子にとって何がプラスになるのか、真実を追求することが出来る法律があれば彼は今もチョコレートドーナツを食べながら笑っていたかもしれません。自分では選べずそこに生まれてくるしかない子供たち、不公平だなと思えました。神の領域に口を出すことが出来ない以上は人間はそののちのフォローが出来るようになりたいものです。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

たくさんの人に観て欲しい映画

いろいろ意味で悲しい内容なのでとっても素敵な映画だったと一言では言えませんが、とにかくたくさん人に観てもらって少しでも彼らの感じた苦しみを理解してもらいたいと思う映画でした。ポールが裁判で「この公判はマルコのためのものです」と語るシーンがとても胸を打たれました。人々が考える常識とは何なのか、この映画を観ると常識という言葉に嫌気がさします。マルコの幸せを考え必死に戦ってきたルディやポールがゲイであるこやマルコに障害があることを理由に非常識だと非難されるのはとても胸が苦しく、こんな世の中は変わるべきだと感じました。ラストは悲しすぎてもう二度と観たくないという気持ちになりますが、それこそが現実でこんな現実が起きないように一人一人がどう行動すべきか強く訴えかけているのだと感じました。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

哀しいラスト、これが現実

タイトルからして暖かなハッピーな映画かなと思っていたら、実は社会派ストーリでした。性的マイノリティーの方たちが感じている問題が如実に表れている作品です。

悲しく切ないシーンが多数あり、何度も涙が出ました。そんな中救われるのはダウン症少年マルコの無垢な笑顔と、ルディの無償の愛情。

さすが実話をもとに作られた作品なので、美化していない現実的なラストでした。悔しい。でもこれが現実。皆、偏見や差別そんなくだらないものは捨てて、皆が優しく温かく生きていける世の中にしていこう、と本当に感じさせられました。

あと、やはりルディ役のアラン・カミングですが、圧巻の演技力です。魂が乗り移っています。後味が悪くすっきりしないラストですが、そこがマイノリティやその他の問題を浮き彫りにしている核心部分だと感じました。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

偏見との闘い

この映画は1970年代のアメリカにおける性的マイノリティや、貧困と障害というテーマを持った映画です。主人公は敏腕弁護士だけど男性同性愛者であることを隠していましたが、歌手の男性と意気投合して一緒に暮らします。

ある日新聞で障害のある子がネグレクトを受け誰も助けてくれずにいることを知り、助けたいと純粋に思い引き取ります。ここまでは幸せな話なのですが、ここからが差別意識との戦いになります。

人はなぜ個人の一方的な価値観で人を追いやるのか、この2人に敵対する人たちは誰にでもある偏見の代表です。今でこそこの時代と比べ認知される世の中になりましたが、自分の理解の及ばないものに対しては迫害をしようとします。

この映画では、ほんの少しでも理解をすれば助かる命だったというところが心を痛めます。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

色んな優しさや愛の形がある。

観た後に色んな感情が押し寄せて、考えさせられる作品です。主人公を演じるアラン・カミングに見惚れてしまいました。

彼はセクシャルマイノリティーでありながら、真っ直ぐで温かい愛の持ち主です。世界がそれを勝手な物差しで推し量り、挫きます。憤りを感じました。

彼の愛の形を定義する必要も正義もありはしません。そんな世界にいても、アラン演じるルディは母の愛を知らない子供、マルコに無償の愛情を注ぎます。

とても心打たれました。彼らの家族の形は優しく素晴らしいものです。映画が終わっても涙が止まりませんでした。そして劇中で聞けるアランの歌声は圧巻です。

美しく力強く魅了されました。これは心温まり、愛の形について考えさせられる美しい人間の映画です。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

実話を基に作られたストーリー

ゲイのカップルと親に育児放棄されてしまった障害を持つマルコ。
マイノリティである彼らが、血がつながっていなくとも家族になろうとする姿に涙なしでは見られません。
ゲイのカップルのルディとポールは家族というものをよく知らないマルコに無償の愛情を注ぎます。
映画のタイトルでもあるチョコレートドーナツは、マルコが大好きな食べ物。
そんなチョコレートドーナツを幸せそうに食べるマルコとそれを見守るルディとポール。
その幸せな様子が一生続いてほしいと思うのですが、無情にも世間の目は冷たいものでした。
ルディとポールはマルコの親権獲得のために奮闘しますが、結局彼らの前には「偏見」という高い壁が立ちはだかります。
1970年代にアメリカで起きた事件を基に描かれたこの映画は、差別と偏見、そして人間の多様性とは何かを考えさせられる作品です。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

愛が胸に突き刺されました

現在の社会では、当たり前になっている表現の自由について改めて考えさせられる作品となっています。実話をもとにしてさくせいされていますので、メッセージ性がものすごく高く心に響く内容ばかりでした。ダウン症の人とゲイの人の苦悩が描かれています。

無性の愛が表現されていますのでとても感動することができました。偏見などがある時代に戦っていく姿はものすごく勇気を得ることができました。

自分の価値観が大きく変化する内容となっています。多くの人に見てもらいたい作品になっています。

現代でも偏見などが問題になっているからこそもう一度見返したい作品になっています。心が成長する作品でした。人として自分の言動が正しいのか振り返ることをしていきたいです。

https://enhr2004.org/wp-content/uploads/2020/06/コメントアイコン.jpg

人が人を愛するということ

アラン・カミングがすばらしいです。体中から愛の強さをひしひしと感じます。あのキラキラ輝いた大きな目を見ているだけで胸が熱くなります。
対するギャレット・ディラハントは無表情で、人間味を感じなかったのですが、マルコにチョコレートドーナツのことで話しているシーンを観て、印象が一変しました。
表情ではわかりませんが、話し方に強い父性とやさしさを感じました。物静かでとても頼りがいのある男性に見えました。一番好きなシーンです。
この映画はLGBTや障碍者への差別を扱っている作品でもありますが、それ以前に、自分がどれだけ本気で人を愛せるか?本気で人に愛される人間になれるのか?と、胸に突き刺さる質問を投げかけてくる映画でもありました。

まとめ

「チョコレートドーナツ」を無料で視聴する方法をまとめると、こうなります。

  • 一番おすすめなのが「U-NEXT」
  • 「U-NEXT」を利用したことがある方は、「TSUTAYA TV」がオススメ
  • 「TSUTAYA TV」も使ったことがある方は、「music.jp」を使いましょう

ぜひ無料のトライアル期間を使って、映画を楽しんでくださいね!

\31日間無料!/

\U-NEXTを使ったことがある方はこちらがオススメ/

※本ページの情報は2020年7月15日時点のものです。最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です