⇒洋画見放題の動画配信サービスを選ぶ

洋画を見るならこれ!【見放題】動画配信サービスおすすめランキング※2020年7月

このページでは、「洋画を見るならどの動画配信サービスが良いのか」をランキング形式でお伝えします。

動画配信サービスって、いろいろありすぎてどれを選べばいいのかわかりませんよね(^-^;

サービス選びを失敗すると、『あれ?あの映画観たかったのに、配信されてない・・・』なんてこともかなりあるんです。

そこで、洋画を見るのがライフワークの僕が、実際に使ってみてわかった特徴やメリット・デメリットから人気の動画配信サービス5社を比較しました。

では、いきましょう!

洋画見放題の動画配信サービス(VOD)はこの7ポイントで選ぶ!

動画配信サービスは、各社で特徴があるので迷ってしまいがちです。

でも、洋画を観るなら下の7ポイントで比較すると、どの動画配信サービスが良いのか分かりやすいですよ。

  1. 見放題洋画の配信数が多いこと
  2. 新作映画がレンタルできること
  3. 吹き替えで観れる作品が多いこと
  4. ダウンロード機能があること
  5. 画質が良いこと
  6. 無料トライアル期間があること
  7. コスパが良いこと

では、それぞれ解説していきます。

⇒ この7ポイントで比較した一覧表まで飛びたい方はこちらをクリック

見放題洋画の配信数が多いこと

洋画をたっぷりと楽しみたいわけですから、見放題の洋画が多くないとダメですよね。

なので、必ず見放題の洋画の本数が多いサービスを選びましょう。

「配信数が多い=ラインナップが充実」なので、1つの動画配信サービスで済ませることができます。

アレコレ観るために複数のサービスに登録したら、合計の月額が高くなってしまいますからね。

新作映画がレンタルできること

動画配信サービスによっては、劇場公開して間もない新作は配信されません。

新作も楽しみたいなら、新作をレンタルできるサービスを選びましょう。レンタルショップを往復する手間がなくなるので、めちゃくちゃラクですよ。

吹き替えで観れる作品が多いこと

吹替えで観ることが多い方は、吹替え作品の多さも要チェックですね。

動画配信サービスによっては、吹替え作品が少ないんです。コレだとストレスになってしまいますよね。

そこで、下の比較表では吹替え作品の多さを「多い・普通・少ない」の3段階で評価しました。

ダウンロード機能があること

外出中にスマホで洋画を観てると、すぐに毎月の通信容量をオーバーします。

そうならないように、ダウンロード機能が付いている動画配信サービスを選びましょう。

「自宅のWi-fiでダウンロード⇒外出先で視聴」なら、スマホのデータ通信を使わなくて済むんです。

画質が良いこと

洋画をより楽しむなら、画質の良さも外せません。

画質の種類は4つあって、画質の良さは「SD < HD < フル HD < 4K」の順ですね。(たぶん、聞いたことはあるんじゃないでしょうか)

この4つをざっくり説明すると、こんな感じです。

  1. 【SD】・・・スマホでギリ見れる画質。テレビなどの大画面だとストレスに感じやすい
  2. 【HD】・・・DVDぐらいの画質。テレビなどの大画面で観るならHD以上は必須
  3. 【フルHD】・・・ブルーレイと同じくらい綺麗な画質
  4. 【4K】・・・フルHDの約4倍の画質。まだ対応していないスマホ、テレビが多い

僕が紹介する動画配信サービスは、すべてHD以上で観れるので画質の心配はいりません。

無料トライアル期間があること

実際にサービスを使ってみないと、観たい洋画があるのか?使い勝手はどうなのか?わかりませんよね。

なので、無料トライアル期間があるサービスから選べば、失敗しません。

気に入らなかったら、無料期間中に解約すればOKです。これで完全にタダですからね。

コスパが良いこと

最後に、コスパが良いことです。

単純に月額の料金じゃなくて、「月額以上の価値があるのか?」で考えるのが重要ですね。

動画配信サービスによって、充実している洋画以外のジャンルが違います。『洋画のついでに、ドラマやマンガも楽しみたい』って方は実際に使ってみて、判断すると良いですよ。

ということで、この7ポイントで人気の動画配信サービスを比較してランキングにしていきます。

【ランキング】人気の動画配信サービス(VOD)5つを比較

国内の人気動画配信サービス5つを比較をして、一覧表にしました。↓

※表は横にスクロールできます。

U-NEXTAmazon
プライムビデオ
dTVNetflixHulu
月額
(税抜き)
1,990円
(1,200円分のポイント還元あり)
500円
(年額プラン4,900円)
※税込み
500円ベーシック:800円
スタンダード:1,200円
プレミアム:1,800円
932円
見放題の
洋画配信数
約5,000
(国内最多)
約1,200本約900本約2,500本約400本
新作レンタル
(配信開始が早い)
××
無料
トライアル期間
31日間30日間31日間×14日間
画質SD〜フルHD
(一部4K)
SD〜フルHDSD、HDベーシック:SD
スタンダード:HD
プレミアム:フルHD(一部4K)
SD〜フルHD
ダウンロード
機能
吹替え作品の数多い多い普通多い少ない
コスパ××

では、この一覧表の結果と、僕が使って感じたメリット・デメリットからランキングを発表します。

まずは1位からです!

【1位】U-NEXT

メリット
  • 見放題の洋画配信数が5,000本以上で、どこよりも充実!
  • 新作の配信が早い(DVDレンタル開始と同時期)
  • 毎月付与される1,200ポイントを使えば、課金なしで新作が楽しめる(1ポイント=1円)
  • 無料トライアル期間が31日間!
  • 無料トライアル期間でも600円分のポイントプレゼント!
  • 課金額の40%がポイントで還元(クレジットカード払い)
  • 洋画以外に、邦画、マンガ、小説、アニメ、ドラマ、80誌の雑誌も楽しめる
  • 1アカウントで4台まで同時視聴できる
デメリット
  • 月額が他社よりも高い

⇒ 【U-NEXT公式】最新の洋画、話題作をチェックする!(31日間無料)

U-NEXTは月額1,990円で他社よりも少し高いですが、僕は”洋画を見るならコスパが最高”だと感じてます。

その理由は、複数の動画配信サービスに入会したり、DVDレンタルに行ったり、課金する必要がないからですね。つまり、U-NEXTだけでたっぷりと洋画を楽しめるから、”結果的に安上がり”ってことです。

U-NEXTは見放題の洋画数がダントツだから、ほかの動画配信サービスでありがちな『観たかった映画がない!』ってことはまずあり得ないんですよ。名作からマイナー作まで、とにかくラインナップが良すぎです。

新作の洋画も、毎月必ずもらえる1,200円分のポイント(1ポイント=1円)で2本は観れちゃいます。映画1本が約500円で、余ったポイントは翌月に持ち越しできるから、月によっては3本観れるわけですね。

課金なしでこんなに新作を楽しめるのは、U-NEXTだけなんですよ。この内容で「月額1,990円 ÷ 30日 = 1日66円」だから、ペットボトルのお茶1本よりも安いですからね。コスパ最強すぎです。

しかも、ほとんどの新作がDVDレンタル開始と同時期に配信されるから、借りに行かなくて済むんですね。2018年の「ミッション:インポッシブル フォールアウト」なんて、DVDレンタルよりも配信されるのが早かったですから。

要するに、洋画をたっぷりと楽しむなら、U-NEXTを選んでおけば間違いなしってことです!

\31日間無料/

※本ページの情報は2020年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【2位】Amazonプライムビデオ

メリット
  • 月額料金が500円(税込み)で最安。年額プランなら月あたり408円(税込み)
  • 無料トライアル期間が30日間
  • 学生なら学割で月額250円、無料トライアル期間が6ヶ月
  • AmazonプライムミュージックなどのAmazonプライム会員の特典も利用できる
デメリット
  • 新作を見るなら課金する必要がある
  • 新作の配信時期が遅い
  • 新作じゃなくても有料の映画が一部ある

⇒ 【Amazonプライムビデオ公式】最新の洋画、話題作をチェックする!(30日間/学生は6ヶ月無料)

Amazonプライムビデオの魅力は、「月額料金の安さ」です。

見放題の洋画配信数は約1,200本でU-NEXTより少ないですが、オリジナルの洋画や海外ドラマも見放題で配信されています。

しかも、Amazonプライム会員のサービスも付くので、Amazonで買い物したときのお急ぎ便や、200万曲の音楽が聴き放題のAmazonプライムミュージックも利用できるんです。

この内容で月額500円は安いですね。

ただし、一部の人気作や新作は1本400~500円のレンタルなので、課金する必要があります。新作の配信時期も、U-NEXTと比べると2~3ヶ月くらい遅いことが多いですね。

なので、『月額を安く済ませて、洋画の新作レンタルはたまにで良い』という方向けの動画配信サービスですね。

ちなみに、学生なら「学割」、月額250円で無料お試し期間6カ月になります。

\30日間無料(学生6ヶ月無料)/

【3位】dTV

メリット
  • 月額料金が550円(税込み)で安い
  • 無料お試し期間が31日間
  • 新作のレンタルができる
デメリット
  • 新作を見るなら課金する必要がある
  • 人気作品は有料のものもある

dTVの売りは、安さです。ただ、Amazonプライムビデオの方が安いですし、一部の人気作や新作を見るなら1本400~500円を追加で課金する必要があるんですね。

安さで選ぶなら、dTVとAmazonプライムビデオで配信されてる映画を比べて、好みの方を選ぶいう感じです。

31日間の無料お試し期間があるので、一度利用してから月額を払うのか決めると良いですよ。

\31日間無料/

【4位】Netflix

メリット
  • オリジナル洋画のクオリティが高い
  • 完全見放題なので課金する必要がない
  • ホラー作品の見放題が多い
デメリット
  • 無料お試し期間がない(2020年6月現在)
  • 新作映画の配信がない
  • ベーシックプラン(880円)は画質がイマイチなので大画面には不向き

Netflixの最大の特徴は、クオリティの高いオリジナル洋画が見放題という点です。

たとえば、製作費100億円以上かかったウィル・スミス主演のアクション大作「ブライト」や、アカデミー賞3冠の「ROMA/ローマ」、2020年のアカデミー賞にノミネートされている「マリッジ・ストーリー」などですね。

正直なところ、クオリティはハリウッド並みで、オリジナル洋画を観るためだけに登録する価値があるくらいです。

ただ、一般の洋画のラインナップは、U-NEXTの充実さにはかないません。
(なぜかホラー作品だけは充実していて、ほかの動画配信サービスでは見つからないものもあります。)

なので、完全にオリジナル洋画を楽しみたい人向けの動画配信サービスですね。

利用する場合は、無料のお試し期間がないことと、新作映画の配信がないことに注意しましょう。

\オリジナル洋画が豊富/

【5位】Hulu

メリット
  • 課金なしですべて見放題
  • 無料お試し期間が14日間
  • 洋画以外に、海外ドラマ、邦画、国内バラエティーも楽しめる
デメリット
  • 洋画の配信数が少ない
  • 新作洋画の配信がない
  • 洋画よりもドラマや国内バラエティーに特化している
  • 複数端末で同時再生ができない

Huluは洋画見放題の配信数が約400本で、かなり少ないです。それに、すべて見放題なので新作の配信がありません。2019年2月公開の「メリーポピンズ リターンズ」が、2020年5月でも配信されていませんでした。

なので、洋画を楽しみたい方には物足りないですね。

ただ、海外ドラマや国内バラエティーのバリエーションが豊富なので、気になる配信があったらお試してみましょう。

\14日間無料/

まとめ

洋画をたっぷりと見るなら、U-NEXTが絶対におすすめですね。

見放題の洋画本数、毎月のポイント付与を考えるとU-NEXTはコスパ最強だからです。

まずは無料トライアル期間で使ってみて、使い勝手やサービス内容をチェックしてみましょう。無料期間内に解約すれば、完全に無料ですからね。

\31日間無料/